Staff

WMAJのメンバーをご紹介します

 

※現在2021年度WMA Internaitonalインストラクター研修生の募集をしています。

詳しくはコチラから!

WMA International curriculum director

 WMAIカリキュラムディレクターは、WMA野外災害救急法における全てのカリキュラムの総責任者です。Dr.David Johnson(通称DJ)は、北米の野外救急医療学会(Wilderness Medical Sociaety:WMS)の情報だけでなく、常に世界の論文やエビデンス、ケーススタディを研究・検証し、WMAカリキュラムを最新の状態にアップデートし続けています。

 DJは毎年世界各地を回りながらWALS医師コースを指導し、世界の医師たちと意見交換をすることにも情熱的であり、日本もその1つです。

―野外災害救急法とは、『考えることそのもの』です。その考え方の”物差し”を学びませんか?

 Dr.David Johnson

David E Johnson

 

Wilderness Medical Associates International(WMAI)

カリキュラムディレクター

 救急救命医

 


WMA International official instructors

WMAIの公認インストラクターです。

WMAIインストラクターには、志願者の前提条件として

①医療従事者または豊富な現場救護経験

②ガイドレベルのアウトドアスキルやアウトドア経験

③教育者としての経験  が求められています。

 

加えて1年間の専門的なトレーニングを積んだのち、7日間のWALS医師レベルコースの受講を含むインストラクタートレーニングコースを修了し、WMAIカリキュラムディレクターのDr.David Johnsonから直接審査・認定を受けたプロフェッショナルメンバーです。

 

世界31か国では現在約200名の公認インストラクターが所属しており、WMAJでは6名のアクティブメンバーが所属しています。(WMAIインストラクターリストはコチラ

 

さらにWMAJインストラクターは、国内の医師や看護師の「WMAJ医療アドバイザー」によりクオリティコントロールされており、常に最新かつ正確な情報を受講者に届けられるよう日々研鑽を積んでいます。

太田 拓野

Takuya Ota

 

WMAJ共同代表理事

WMAIインストラクター

横堀 勇

Isamu Yokobori

 

WMAJ共同代表理事

WMAIインストラクター

寺田 達也

Tatsuya Terada

 

WMAJ広報

WMAIインストラクター

吉沢 充世

Atsuyo Yoshizawa

 

E-ラーニング担当

WMAIインストラクター


大手 まゆみ

Mayumi Ote

 

WMAIインストラクター

新野 和也

Kazuya Niino

 

WMAIインストラクター


WMA Japan Medical Advisers

WMAJ医療アドバイザーは、北米で開発されたWMAカリキュラムの日本国内における妥当性の検証、インストラクターのクオリティコントロール、有資格者へのフォローアップや情報提供・取集などに従事しています。国内では、Dr.David Johnsonより委嘱されたこの分野に精通する3名の医師や看護師が就任しています。

稲垣 泰斗

Taito Inagaki

 

WMAJ医療アドバイザー

救命救急医

茶谷 奨

Sho Chatani

 

WMAJ医療アドバイザー

医師

中村 富士美

Fujimi Nakamura

 

WMAJ医療アドバイザー

国際山岳看護師

山岳遭難捜索チームLiSS代表


2021年3月現在