お申込みフォーム

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


お申し込み約款 2014/9/13改訂

 

第1章.コース運営について

 

1-1 コース内のリスクについて

コースプログラムは自然のなかで、時に厳しい環境下で シミュレーショントレーニングを実施します。そのため、講習中 怪我などにつながるリスクが存在することを予めご理解ください。 受講現場ではインストラクターの指示に従って行動してください。 この指示を遵守しなかったことにより発生した損害や傷病、 またはアレルギーや持病の申告なく発生したアレルギーや疾患についてはインストラクターの責任範囲にあたりません。

 

1-2 コース内容等の変更

安全上などのその他の理由で、予定していた会場や活動が変更、または中止となることがあります。予めご理解ください。

 

1-3 資格要件不充足時の対応

コース期間中の全てのプログラムへのご参加がコース認定の最終テスト受験の前提となります。理由を問わず遅刻、

早退、途中帰宅などがあった場合には、コース認定の最終テストが受験をお断りすることがあります。その際の返金等は致しかねます。  

 

 

第2章.お申し込み手続きについて

 

2-1 お申し込み方法とお申し込みの完了

お申し込み約款(本書)、受講案内書を事前にご確認いただき、所定の参加申し込み方法にてお申し込みください。(お申し込み方法はお申し込みフォームからのお申し込みのみとさせていただきます)なお、お申し込みフォームよりお申し込みいただき、確認メールを担当者よりお送りした時点でお申し込み受付完了(契約の締結)と致します。

 

2-2 お申し込み後の流れ

お申し込み手続き後の流れについては、受講案内書をご確認ください。

 

2-3 受講費用の納入

お申し込み後、オフィス(WMAJ主催の場合にはWMAJオフィス、招致開催の場合には招致開催者)よりのご案内させていただくメールに記載されている振込口座に所定期日(原則ご案内メールより5銀行営業日以内)までにお振込手続きを完了させてください。その際の振込手数料は受講いただく方のご負担にてお願い致します。なお、当日現金でのお支払いは承っておりません。

 

2-4 受講条件および健康情報虚偽告知時の対応

参加申込書にある健康情報を確認後、WMAJの判断にてコース参加に健康上著しいリスクがある場合にはコースへのご参加をお断りする場合があります。予めご了承ください。なお、健康上の不安がある場合にはかならず事前にご相談ください。コース開始後であっても、申込項目に虚偽等の記載があり、WMAJが予め示した年齢や資格などの条件を満たしていない場合には、それ以降のご参加をお断りすることがあります。その際に既に納入いただいている参加費用の一切は返金しかねますので予めご了承ください。

 

2-5 最少催行人数に満たない場合の催行中止

最少催行人数に満たない場合には、主催者の判断でコース催行をキャンセルする場合があります。その際には、速やかに参加者の皆さまにご連絡させていただきます。急な参加キャンセル等により最少催行人数を下回る場合また、コースキャンセルに伴い、参加者の方が既に手配されている公共交通機関の払い戻しや宿泊機関等については、主催者は責任を負いかねます。

天変地異などやむを得ない事情等で急遽催行を中止する場合で、既に参加費を納入していただいている場合には速やかに返金いたします。その際の振込手数料についてはご容赦いただきますようお願い申し上げます。

 

2-6 キャンセル待ちについて

満席表示がない状態でお申し込みいただいた時点で、定員に達している場合には、「キャンセル待ち」となります。お申し込み翌日より7営業日以内に「キャンセル待ち」を希望するかどうかの旨の確認連絡をさせていただきます。

キャンセル待ち表示がされているコースにお申し込み(キャンセル待ちされる)場合には、コースに空きが出た場合にのみ担当者よりご連絡いたします。

 

2-7 準拠法と専属管轄裁判所

受講に際して(ただしカリキュラムを除く)、および申込約款の解釈・適用は、特段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。また、受講前、受講中および受講後、当法人に関するすべての紛争については、特段の定めのない限り、前橋地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所と致します。ただし、主催者である招致開催者がWMAJではない場合には、招致開催者がオフィスを置く土地の管轄裁判所を専属管轄裁判所と致します。

 

2-8 銀行振込時の領収書発行について

お支払い時の銀行振込控え(ネットバンクの場合は振込手続き完了画面の印刷)は法定の領収書として認められているため、弊社では銀行振込控えを領収書とさせて頂いております。

別途領収書の発行を希望される場合にはお問い合わせフォームよりお知らせください。

 

 

第3章.参加申込の取り消しについて

 

3-1 お申し込み受付完了のご連絡後、お申し込みされた方のご都合にて、参加をキャンセルする場合には、以下のキャンセル料を申し受けます。予めご理解いただきますようお願い致します。なお、無連絡でのキャンセル、キャンセル料のお支払いが未納の場合には次回以降のお申し込みをお断りする場合がございます。

なお、受講の取り消しをされる場合には、すみやかにご連絡(WMAJ主催の場合にはWEBお問い合わせフォーム、招致開催の場合には招致開催担当者)へ取り消しの旨のご連絡をお送りください。お電話での取り消しは承っておりません。取り消しの旨のご連絡受信時の時間を取り消しお申し出の基準日時として下記表に該当するキャンセル料を申し受けます。すでにご納入いただいているコース受講費から以下のA+Bを差し引き、ご返金いたします。 

コース受講費
 教材費 発送費  コース運営費
A(コースにより異なる) B(%は日数により異なる)

その際の振込手数料はお申し込み者の方のご負担とさせていただきます。なおキャンセルが「90日前より31日前」以前であっても、事前発送された教材を既に受け取っている場合にはA(教材費と発送料の実費)をご負担いただきます。

 

開始日の前日から起算してさかのぼって

90日前より31日前 0%
30日前より21日前  コース受講費用の10%
20日前より8日前 コース受講費用の20%
7日前より3日前 コース受講費用の30%
2日前より24時間前 コース受講費用の50%
24時間前以降-無連絡 コース受講費用の100%

コース参加にあたっての同意事項

 

① コース内のリスク・損害補償の免責について コースプログラムは自然の中で、時に暑さや寒さ、標高や不均一な地形などが影響する厳しい野外環境下でシミ ュレーショントレーニングを実施します(アクセスは安全)。  そのため、野外で行われる他のアクティビティーと 同様に、講習中に傷病につながるリスクが、また新型コロナウィルスを含む感染症へのリスクが存在することを予 めご理解ください。シミュレーショントレーニング中は肉体的にそして精神的に負荷がかかります。

講習の中他の 生徒と一緒にシミュレーショントレーニングをする環境下で、アクシデントや間違え、その他の原因で傷病が発生 する可能性がある事をご理解ください。  上記を踏まえ、野外災害救急法講習の性質上、WMA Japan とコース招致開 催者が安全に講習を遂行するために、下記の項目に同意をいただいた生徒にコースを受講していただきます。

 

1.1. 生徒は自分の意思で受講することを決断し、トレーニング中に発生する可能性がある肉体的そして精 神的な傷病のリスクを、また新型コロナウィルスを含む感染症へのリスクを自分で推測し認め、その 結果を自身の責任として受け入れる事。

 

1.2. 講習中自分の持ち物の管理は自分で行い、物の破損や損壊が起きた際には、その結果を自身の責任と して受け入れる事。

 

1.3. 受講現場ではインストラクターの指示に従って行動し、 この指示を遵守しなかったことにより発生し た損害や傷病については、インストラクターの責任範囲に当たらない事。

 

1.4. 講習中、アレルギーや持病の申告を受講前にせず発生したアレルギーや疾患については、インストラ クターの責任範囲にあたらない事。

 

② 準拠法と管轄裁判所について 受講に際して(ただしカリキュラムを除く)、申込約款の解釈・適用は、特段の定めのない限り、日本国法に準 拠するものとします。また、受講前、受講中および受講後、当法人に関するすべての紛争については、特段の定め のない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所と致します。ただし、主催者である招致開催者が WMA Japan ではない場合には、招致開催者がオフィスを置く土地の管轄裁判所を専属管轄裁判所と致します。  カリキュラムに関する全ての紛争については、WMA International が裁判管轄区と定めるアメリカ・メイン州の法 廷でのみ争われる事を認めます。 私は、本契約を注意深く読み、その内容を理解し、自主的に自由意思でこれに同意する事をここに 認めます。