WFAベーシックレベル

レギュラーコース 2日間

ハイブリッドコース 14日間

オンライン-自己学習12日間 / オンライン-ライブセッション3時間 / 実技セッション8時間

 

 概要

 包括的な評価システムを中心とした最もベーシックなコースです。このコースは日帰り旅行や短期の冒険をされる方、災害ボランティアの方などを対象としています。目の前で発生する事故、災害による傷病者への評価を中心に学びます。多くの方に受講していただきたい最も基礎的なコースです。

 

 受講対象

 ・16歳以上(20歳未満の方は保護者の同意が必要)

 ・野外での実習に参加可能な方

 

 シラバス

オリエンテーション、医療と法、一般原則(生理学と病理学)、一般原則(ウィルダネス医療と救助医療)、傷病者評価システム(PAS)、一次救命処置(BLS)、傷病者の保護(脊椎損傷)、呼吸器系、循環器系、神経系、、筋骨格系、創と熱傷、体温調節、アレルギーとアナフィラキシー、水に関係する損傷、落雷による損傷、野外での病気。最終試験

ハイブリッドとレギュラーコースとで各単元を学ぶ順番は異なることがあります。

 

認定カリキュラム時間数 16~20時間

 

認定Certification(知識および技能の証明)

 コースへの100%受講、筆記および実技テストでの80%以上の到達により

 Wilderness Medical Associates International認定

 Wilderness First Aid(WFA)およびILCOR 準拠Adalt CPR

 

Certification(知識および技能の証明)の有効期限/更新

 Certification(知識および技能の証明)取得日より3年間/更新の際にはWFAベーシックコースの受講または、上位のWAFAアドバンスコースの受講が必要です。

 

マテリアル(教材)

 ・WARFA(テキスト)

 ・携帯フィールドガイド(撥水シート)

 ・クラスノート

 ・SOAPノート(処置記録ノート)

  ※教材はすべて日本語化済み

ダウンロード
ハイブリッドWFAコースのコース詳細です
ハイブリッドWFAコース概要.pdf
PDFファイル 706.9 KB