レギュラーコース

宿泊を伴う合宿形式で講習を進めていきます。短期間にレクチャーと実技トレーニングを交互に行っていきます。

※現在、コロナ禍のため開催を見送っています。

ハイブリッドコース

新型コロナによって、登場した新スタイルの講習です。自分のペースでE-ラーニングでの学習が進められます。

 

 1st STEP オンライン-自己学習 11~12日間

 2nd STEP 実技セッション(他の生徒と共に集合研修で学びます) 3日間

 

【WFAベーシックコース実技セッション】

 Day 1(4 時間)13:00~17:00

 Day 2(7時間)9:00~12:00/13:00~17:00

 

【WAFAアドバンス・WFRプロフェッショナル実技セッション】

   Day 1(7 時間)10:00~12:00/13:00~18:00

 Day 2(8 時間)9:00~12:00/13:00~18:00

 Day 3(7 時間)9:00~12:00/13:00~17:00

 

 

※各ご家庭にに教材が事前に郵送されます。(オンラインー自己学習開始日の2日間前までに送付予定)

 

 

 

※それぞれのstepでの時間数はコースにより異なります。

※実技セッションでの具体的な感染対策はこちら


Wilderness First Aid

WFA

ベーシックレベル

レギュラーコース 2日間

ハイブリッドコース 14日間

認定カリキュラム時数 16~20時間

Wilderness Advance First Aid

WAFA

アドバンスレベル

レギュラーコース 4日間

ハイブリッドコース 14日間

認定カリキュラム時数 36~40時間

Wilderness First Responder

WFR

プロフェッショナルレベル

レギュラーコース 4日間

ハイブリッドコース 14日間

認定カリキュラム時数 36~40時間

(事前課題 30時間)

【WAFA資格保持者対象】


Wilderness Advanced Life Support

WALS

医師レベル

レギュラーコース 5日間

ハイブリッドコース なし

認定カリキュラム時数 36~40時間

【医師・看護師・救急救命士・薬剤師・獣医師対象】

Wilderness Emergency Medical Technician

WildernessEMS Upgrade-WEMS

救命士限定:野外救命士へのアップグレード

レギュラーコース 当面の間中止

ハイブリッドコース 14日間

認定カリキュラム時数 45時間

【救急救命士、救急標準Ⅱ課程修了者、救急標準課程修了者、北米EMT以上対象】

野外・災害救急法

体験セミナー

 10分~3時間(半日)の中で対象者・アクティビティに合わせて内容をインストラクターがカスタムした研修です。団体内でのスタッフトレーニングや体験会の開催などに最適です。

 


Outdoor CPR+AED

ー自然保育・森のようちえん・都市部の野外環境下で活動する人向けー

 

 野外で活動する、しかしその活動エリアがほぼ都市部環境に近い。だが、救急車が横付けできないことが多い(=結果そこそこ時間がかかる、がほぼ都市部)に位置する。いわゆる「グレーゾーン」で活動する機会が多いであろう指導者・保育者に向けた実用的な野外版CPR講習会です