ウィルダネスとは

 私たちが提唱する野外災害救急法は、北米では「Wilderness First Aid」と呼ばれる分野として広く普及しています。では「Wilderness」とは何でしょうか。日本語では「ウィルダネス状況下」と訳され、次のように定義しています。 

 

「傷病への決定的な処置(病院での医療的処置)を受けられるまで時間を要する状況」 

 

 「ウィルダネス状況下」という定義を読まれてみなさんが想像される場所はどんな所でしょうか。多くの人は北米にあるような大自然、大山脈、遠隔地、また離れ小島などをイメージされるのではないかと思います。 

 

 日本国内にも地理的(距離的)な条件だけでウィルダネス状況下といえる場所は少なくありませんが、国内に存在する多くの「ウィルダネス状況下」は付加的な条件が加わることで生じるものばかりです。例えば里山。徒歩で往復1時間のトレイルであっても、降り積もる雪や日没などで容易にウィルダネス状況下に陥ることがあります。 

 

では大都市圏ではどうでしょうか。 

 

 新宿や大阪の梅田、福岡の北九州市などでは119番通報によって平均8分程度で救急車が到着するとされています。しかし、悪条件加わったら・・・ 

 

○電波状況が悪く、通報ができない。

○急な降雪によって車道に15㎝の雪が積もった。

○救助者は自分一人なのに傷病者は三人もいた。 

 

 このような条件が加わると病院到着まで長時間を要するので、「ウィルダネス状況下」であると言えます。 

 

 もしも大地震発生のため病院が被災したら、病院機能は停止してしまいます。この場合、病院にたどり着いたとしても、そこは「ウィルダネス状況下」と言わざるをえないでしょう。 

 

 このように、「ウィルダネス状況下」は日本中どこにでも起こりえる問題でもあるのです。

WMAIとWMAJ

過酷な環境や災害などの状況でも「いのちをつなぐ」救急法、それが「野外・災害救急法」です。 

 

WMAは1981年の創設以来、過酷な環境や状況における実用的な医学の発展へ向け、世界規模で貢献を続けています。私たちは救助医療の専門家、研究者、経験豊かな教育者であり、またウィルダネス状況下での医療の提唱者でもあります。2021年現在で世界7大大陸、31か国を超える国で年間10,000人以上に選ばれています。 

 

Wilderness Medical Associates Internationalの講習は一般人から医療従事者までを対象とし、世界各国で年間を通して多くのの受講者へ教えられています。受講者の多くは、大学生、専門学校生、医学生、キャンプや野外活動を行う団体職員、僻地で活躍する救急救命士、一般企業職員、また政府関係者等です。私たちは世界各地に赴き、医療機器へのアクセスが困難な状況下で医療ケアを実践する人々が求めるトレーニングを提供します。 

 

WMAの講習は2007年から日本国内で開催され、日本においてもウィルダネス医療をリードしています。

 

ウィルダネス メディカル アソシエイツ ジャパン(WMAJ)は、2012年に日本の窓口として活動をスタートし、2013年10月には社団法人格を取得し、公益性の高い講習事業を継続して実施しています。

 

 

■WFAウィルダネス・ファーストエイドとは

 

医療アクセスが過酷な環境や災害などの状況でも「いのちをつなぐ」救急法、それが「野外・災害救急法」です。

 

カリキュラムはウィ ルダネス状況下(医療体系への引き継ぎや必要な処置を受けるまで に長時間を要する状況)で必要とされる評価と処置、また長時間に 及ぶ経過観察と看護、過酷な自然環境下での考え方などを体系的に まとめた内容です。座学を通じて頭で理論的に理解し、次い で実技を通じ体で覚える学習スタイルもその特徴の日本では新しい救急法です。

ヒストリー

私たちウィルダネス メディカル アソシエイツは、人里離れた過酷な環境下で活動する人々へ向け、30年以上に渡り実践的な医療を教え続けてきました。 

 

 それぞれの医療トレーニングのレベルに見合った、即興、状況に合わせた応用、そして合理的な判断、それを行うのに必要な技術と洞察力を提供できるように、私たちのカリキュラムの核心部がデザインされています。 

 

 私たちの名前から分かるように、私たちのルーツは山や砂漠、そして海にあります。しかしそれ以外のあらゆる場所、例えば病院までのアクセスに時間がかかる状況や、まったくアクセスできない状況においても、我々の教育理念やトレーニングの考え方は有効であると証明されています。「ウィルダネス状況下」という定義はアラスカの沿岸沖にある漁船にはそのまま当てはまりますが、都市部においてもライフラインが絶たれた時には当てはまります。 

 

 プレホスピタルの現場人員をトレーニングすることで、直面する如何なる問題に対しても彼ら自身で評価を行い、また処置計画が立てられるようになる;WMAはその様な考えを設立以来ずっと推進してきました。会社の創始者Dr. Peter Gothは、脊椎評価テストの基準、アナフィラキシーへの処置、創への先進的な処置、医療プロトコルを唱え、30年以上も前にその考えはアウトワードバウンドスクールの指導者やウィルダネスガイドのファーストエイドトレーニングに取り入れました。ここで注目すべきことは、処置の根底にある医学的原則をコース受講者が理解できる、そう彼が主張しているところです。これには医療業界のメインストリームから多くの反発があったことは事実です。しかし彼の主張は今までに存在したどんなものよりも理にかない有効的だった為に、彼の唱えるプログラムは広く普及していきました。 

 

今日に至っては、ウィルダネス医療トレーニングは世界中で普遍的な存在となり、またプロトコルの内、幾つもが救急医療のメインストリームへと組み込まれています。それまでは、評価などの医学的判断が野外現場でも必要とされるのに、その適用を不合理に制限する風潮が存在していました。しかし野外の医療現場にそんな余裕がないことに我々は気が付いたのです。そして今、医療のメインストリームの中でも人々はそのことを学び始めたのです。それは危険な野外救助活動や大規模災害の混乱の中に最も顕著に見ることが出来ます。既存の医療システムが活用できなくなる状況やそもそもの機能が停止してしまった時の為に、プレホスピタルの現場人員が自ら考え行動できる能力を、我々が提供しなければいけません。 

 

 私たちは必然的に“医療の聖域”を排除し、そして古くからの常識に挑戦したのです。野外現場での医療で何が必要かを考えてきました。ウィルダネス医療トレーニングを支持する諸研究者もいますが、彼らは様々な環境下への有用性を得ること(それは我々も取り組んでいることですが)だけに焦点を絞り過ぎている気がします。さらに、ウィルダネスに関係する問題について議論を交わす有名な情報媒体でさえ、実際に野外で問題をどう解決するかについては多くは触れていません。なぜならば、それは科学的な検証が難しい分野だからです。 

 

 私たちは独断的にメインストリームから逸脱することはありませんが、しかしそれが必要とされる時に私たちは躊躇をしません。私たちの意見と立場は臨床経験に基づきます。それらは今日利用可能な科学的知識の慎重な分析、危険で困難な野外現場で医療ケアーを行う現実性につき合わせたものです。我々のミッションは医療のメインストリームを変える事ではなく、その枠外で多く活動をする人々へ指針を提供する事です。

(Wilderness Medical Associates International WEBより)

 

 

●日本での歴史 

 

 日本では、2007年に財団法人 日本アウトワードバウンド協会や2011年からウィルダネス ファーストエイドに関する地域団体など招致開催を行ってきました。2011年に日本人のインストラクターが誕生し、それまで通訳を介して開催されていた講習が日本語で開催されています。2012年には、Wilderness Medical Associates Internationalの日本窓口であるWilderness Medical Associates Japanが設立され、2013年10月に一般社団法人格を取得し、日本各地で講習を開催しています。 

 

 

【 ご参考 】2021/3現在

以下の企業、団体等でプログラムを提供してきました。(敬称略・順不同) 

 

・公益財団法人 日本アウトワードバウンド協会長野校

・株式会社キャニオンズ

・アウトドア サポート システム(ODSS)

・公益財団法人キープ協会 キープ自然学校

・アドベンチャー集団DO!

・屋久島おおぞら高等学校

・野外学校FOS

・ランドネ山大学

 

・新潟県三条市グリーンスポーツセンター

・独立行政法人国立赤城青少年交流の家

・公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会

・ICI石井スポーツ

・アグリフィールズ

 

・秀岳荘

・日本空糸株式会社

・NPO法人みらいの森

・NPO法人森のこだま

 

 

・神戸市立自然の家

・日光国立公園 那須平成の森

・救急研修Kagawa

・特定非営利法人西条自然学校

・NPO北丹沢山岳センター

・東京チェンソーズ

・生駒ランニングクラブ

・とっとり因幡グリーンツーリズム協議会

・ウィルダネスファーストエイド大分

・ウィルダネスファーストエイド山形

・ウィルダネスファーストエイド石川

・ウィルダネスファーストエイド東京

・特定非営利活動法人 体験学習ネットワーク

・NPO法人飛騨小坂200滝

・くにびき自然学校

・くりこま自然学校

・トヨタ白川郷自然學校

・鳥取県自然体験塾

・日本山岳スポーツ協会ハセツネカップ安全走行講習会

・Fun Trailsトレイルランナーのための野外救急法

・秀岳荘

・モンベルフレンドフェア

・北海道アウトドアフォーラム

・自然保護財団

・NPO法人川に学ぶ体験活動協議会(RAC)

・日本アウトドアネットワーク(JON)

・屋久島ガイド連絡協議会

・全国森のようちえん交流フォーラムin岐阜

・一宮研伸大学

 

・北里大学

・岡山理科大学

・御蔵島小中学校

・北海道教育大学

・びわこ成蹊スポーツ大学生涯スポーツ学科 野外スポーツコース

・独立行政法人国立青少年教育振興機構

・神奈川県県南メディカルコントロール協議会

・神奈川県県北メディカルコントロール協議会

 

・松本市「岳都・松本」山岳フォーラム

・御蔵島観光協会

・只見町観光観光まちづくり協会

 

・倶知安観光協会

・東村観光推進協議会

・東京都

・北海道

・岐阜県

・安曇野市

・南阿蘇村

・屋久島町

・奄美大島

 

・複数の公的山岳救助機関(消防・警察・自衛隊)など

 

ほか 

 

 

また以下の団体で資格取得の要件等に採用されています。 

 

・Wilderness Education Association (WEA)

・川に学ぶ活動体験協議会(RAC)シニアインストラクター

・長野県 信州登山案内人

・東京都環境保護レンジャー(2015年度まで要項記載)

 

                        ほか